いちご鼻を改善するために実施したこと

ボツボツした鼻の毛穴を綺麗にしたい!

いい加減な洗顔でいちご鼻

もともと美容関係には無頓着で意識をし出したのは遅めの20歳くらいの頃でした。

化粧を覚えた時に「ともかく洗顔をしっかり、クレンジングも丁寧にやるんだよ」と教えて貰ったのですが化粧を落とすのも億劫だった私は洗顔をする事もとても面倒に感じてしまい雑に済ませていました。

そんなある時に家族から「ちゃんと洗顔してる?」と聞かれ「ちゃんとやってるよ」と嘘をつきました。

自分の顔に洗顔を確認される要素があるという事に内心ギクリとした私は鏡でじっくりと自分の顔を見てみました。

よく見ると鼻の毛穴がボコボコで、いわゆるいちご鼻になっていました。

洗顔などをしっかりやらなかったせいで、毛穴の汚れが酷い事になっていたのです。これをきっかけに鼻の毛穴が気になるようになりました。

クレンジングと洗顔を見直し

当時の私の場合、洗顔を真面目にやらなかった事が原因と思い、雑にやるのはやめて丁寧に洗顔をすると決めました。

まずはしっかりと化粧を落とすためにクレンジングを見直すところから始めました。

私の肌質としては結構オイリー肌であったので、メイクをとにかくしっかりと落とすためにダブル洗顔を実施する前提で、毛穴を綺麗にすると評判のジェルクレンジングを選びました。

クレンジングを選ぶ基準などについてはこちらのサイトを参考にしてください⇒角栓が取れるクレンジング(外部サイト)

次に朝、夕、クレンジング時に実施する洗顔を見直してみることにしました。

使った商品はスーパーなどで300円以内で購入できるソフティモホワイトです。

雑に済ませていた時はしっかりと泡立てる為に時間を使っていなかったので、しっかりと時間をかけて手の平で泡立てるようにしました。

手の平だけでだと泡立ちが悪いと感じた時は100円ショップなどに売っている泡立て網を使うとより効果的です。

きめ細かい泡を作ったら肌を撫でるように優しく泡を広げます。短くても3分?5分くらいはそれを続けます。

この際、強く肌に擦り付けないように気をつけます。

そしてしっかりと泡を落とします。鼻のきわに泡が残る事があるので気をつける必要があります。

これを3日間続けた時点で鼻の毛穴が少し綺麗になり、また肌全体のトーンがクリアになり続ける事にしました。

すっかりきれいな肌に

それから1ヶ月ほど継続した結果、鼻筋脇の毛穴に汚れはほとんど消えました。

鏡で見た時にボチボチと毛穴がはっきりしていた部分がつるんとしています。触った感じのガサガサ感もなくなりました。

当初、鼻頭には大きなボコボコが数カ所あったのですが綺麗になりました。しかしなかなか全ての汚れを取り去るのは難しくうっすらと毛穴の汚れがあります。

しかし確実に薄くなったと思います。

洗顔は回数が少なめの方がいいという意見を聞いた事がありますが、少なくとも私の場合は朝、夕、クレンジング時の3回はするべきだと思いました。

乾燥は怖いので、洗顔後は化粧水や乳液などのケアが必要になりますが、変化が多いに期待できると思います。

雑なやり方は肌を汚すという事が勉強できました。

ページのトップへ戻る