いちご鼻を改善するために実施したこと

重曹を使ってスキンケア

自分を指さして「いちご鼻」と言われてしまった

コスメを買いに行くと、よく「いちご鼻」という単語を目にします。

いちご鼻というのがどういう状態なのかあまり知らなかったのですが、それを姉に言うと「その鼻が丁度いちご鼻じゃない」と私の鼻を指さされました。

鏡で見ると鼻の頭も小鼻の所も黒いブツブツがあり、その単語の意味を知ったと同時にすごくショックを受けたのです。

それ以来、薄メイクだと薄ら鼻の所が黒くポツポツしているのがわかるるので厚化粧になってしまいました。

でもそうするとますますいちご鼻が酷くなって、洗顔しても毛穴が綺麗にならないのです。

こんな毛穴が汚い状態ではニキビも出来やすく、どうにか綺麗な毛穴になりたいなと思うようになりました。

毛穴が綺麗になれば薄メイクでも出かけられますし、ニキビも出来ないだろうと思ったのです。

重曹を使ったケア

姉から重曹が毛穴ケアにいいと聞いたので、食用重曹でケアするようになりました。

それに最近では重曹を使ったケア商品も出ているようなので、それだけ肌にいいのだと思ったのです。

方法は、ティースプーン1〜2杯分の食用重曹を、普段使っている洗顔フォームに混ぜるだけです。

重曹は普通の洗顔フォームよりも細かい粒子なので、毛穴洗顔もより効果的に行えます。

特に鼻の部分はよく洗いたいと思い、コットンに重曹と洗顔フォームを混ぜた物を取り、鼻の所で優しく撫でるように洗っていました。

いくら食用重曹が肌にいいと言っても、あまり洗いすぎると肌が傷つくおそれがあるので、これを行うのは週に1〜2回です。

洗う時も人肌のお湯でよくすすいで、重曹が肌に残らないように気を付けます。

3ヶ月ですっかりきれいに

以前は毛穴パックをしたり、お湯のみ洗顔だったり、毛穴ケア商品を使っていました。

でもどの方法も、一時的に毛穴汚れが取れる事はあっても、完全にいちご鼻がよくなる事はなかったのです。

しかし週に1〜2回の重曹混ぜ洗顔を行っていると、どんどんと鼻の毛穴汚れがなくなるのが判りました。

最初の1回目で大分取れたのですが、2回目3回目と続け、3ヶ月程で鼻の毛穴がすっかり綺麗になり、本当に嬉しく感じました。

重曹混ぜ洗顔もそうですが、これをする前に蒸しタオルで毛穴を開く、洗顔後は化粧水をつけて毛穴を引き締めるという事もすれば、もっと効果的だと思います。

ただし重曹といっても敏感肌の人には刺激も強いと思うので、1度やってみて肌が赤くなってしまう事があれば、すぐに止めた方がいいでしょう。

ページのトップへ戻る